育毛はハゲの原因を知ることから

毛が生えるメカニズム

効果的な育毛を行うためには、根本的な発毛のメカニズムである発毛サイクルを理解することが大切です。

髪は毛母細胞が分裂して生える

イメージ1そもそも毛髪とは、皮膚の一部が変化したもので皮脂腺や汗腺とともに発生した後に、角化の形成が進行した結果、一本の太い髪になります。

毛髪を作り出す毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛として成長していきます。そして、髪の毛が生まれ変わる周期のことをヘアサイクルと呼び、発毛において重要な意味を持つ仕組みです。

毛母細胞から生え始める毛髪は、当初は細く弱々しい毛髪ですが、毛細血管からアミノ酸などの栄養素が運ばれることで、黒々とした太くハリのある硬い髪に成長していきます。
その後、完全に髪が成長し終わると、新しい毛髪を生み出すために自然と抜け落ちるようになります。
その髪の毛が生まれ変わる周期であるヘアサイクルは、男性で約3~5年、女性で約4~6年の周期だと言われています。

ハゲは発毛組織の異常で起こる

イメージ2頭皮や毛根が健康な状態で、毛細血管から栄養素が送り続けられていれば、脱毛と同時に新しい毛髪の発毛が始まるのですが、ストレスや何らかのトラブルが原因で、新しい毛髪が生えてこずに脱毛ばかり起きてしまう場合があります。

その状態が長く続くことで、毛髪の量全体が減ってしまい、薄毛になってしまうのです。

burberry